-->
外為市場としてのFXについて詳しく見てみます。外国為替証拠金取引(FX)というのは、二つの異なる国のお金をやり取りすることにより差額を得られるといったような仕組みとなります。このような二つの異なる国のお金の中で出てくる差益金額をスワップ金利と呼んでいます。こうしたスワップ金利というのは正式にはスワップポイントと呼ばれているらしいです。FXのスワップ金利は、一日ごとに獲得できますが、その日のレートの変化により異なってくるそうです。こんな風にFXのスワップ金利の取得が目的で外国為替証拠金取引(FX)のトレードをしている方々もいるようです。スワップ金利は業者それぞれに違うのでわずかでも利益が多いFX業者でやり取りしたいですよね。けれども、スワップ金利(スワップポイント)は為替の相場が変わってしまうと一緒に動いてしまうので要注意です。同時に取引をやる時は図表を読む事が必須になります。こうした図表を読み取れれば、為替取引の変化をつかむ事が可能となるそうです。外国為替取引に慣れていない人が見たらいったい何の図?などと疑問に思ってしまうでしょうが重点を覚えておくことによりグラフの読み取りが可能となるらしいです。このタイミングで日本円が上昇するだろうとか下降するだろうというように今まさに最近では円安などとこのチャートを理解する事で判定が出来、為替の取引をやる時はこの上なく大事なものとなるようです。グラフは日本では一般的にローソク足(陰陽足)が使われるのが普通でその名の通りローソクの形に似たグラフで示されているのです。そのローソク足(陰陽足)を使って、高値とか安値、なおかつ終値・始値を表示されておりグラフの中で種々の形状となるのです。

Link

Copyright © 1997 www.smartmeteringafrica.com All Rights Reserved.